エンジンの効率をあげるにはある2つの効率を上げる必要があります。これを上げると、燃費が良くなります。

エンジンの効率を上げるには、体積効率と充填効率を上げるひつようがあるのです。
具体的には、エンジンのトルクというのは、シリンダーが一回に吸引する空気の量に比例しています。
もっと正確に言うならば、高回転になった場合は、機械的なエネルギーの摩擦損失が大きくなってしまうので、その分のトルクは少なくなってしまいます。
トルクはおおよそエンジンの排気量と比例する関係にあります。

普通は、3000ccのエンジンは、1000ccのエンジンより大量の空気を吸い込むことができます。これは当たり前ですね。
これだけのccが違うということは、エンジンの大きさが全然違う事になります。
そうなれば、取り入れられる空気の量も変わってくるということです。
しかしながら、この2つのエンジンのうち、どちらの方が効率よく空気を吸いこんでいるかは分かりません。
マユライズ 楽天
そんなに簡単にはどちらのエンジンの方が性能が良いかをいうのは分からないのです。
ようは、異なる排気量を比べることは難しいので、そのために体積効率というものがあるのです。
これ以外に充填効率というものがあります。
この2つの効率を上げることによって、エンジンの効率が上がることになるのです。