勤務時間超過による過労死が大きく報じられて以来、各企業の働き方の改善が図られています。

その一環として、NTTドコモの販売店「ドコモショップ」の8割に当たる約2000店が、9月末までに定休日を設定する見通しになったそうです。

また、約280店で営業時間の短縮にも踏み切るとのこと。

スタッフの負担を軽減し、職場環境を改善して顧客満足度の向上につなげたい考えだそうです。

ただ、営業日を合わせる必要があるショッピングセンター内の店舗などは例外となります。

現場からは「定休日のイベント開催などでスタッフの団結が深められる。

」と歓迎の声もあがっているそう。

ただ、この定休日のイベントについては疑問視する声も。

自由参加ならともかく、絶対参加なら結局定休日とはいえ仕事と一緒になってしまいます。

それよりも複雑化した料金プランをシンプルなものにした方が、説明時間短縮につながって人件費削減にもつながると思うのですが・・・稼ぎたい企業としては譲れない一線なのかもしれませんね。IBJメンバーズ 心斎橋店