ブラックリストに載ったか載っていないか確認する方法をお教えします。ブラックリストと一般的に言われているものは実は信用情報のことになります。

ブラックリストに入ったかどうかの確認方法

ブラックリストという言葉をよく聞きますが、実際にはそういう名簿はありません。

ブラックリストに入った階級というのは、ブラックリストに災禍があったという結果が残っていることをいいます。

金融機関は成約があった時と、取引中に行きがけ与信としてブラックリストを定期的に確認しています。

また支出があったらなどは逐一ニュースをリニューアルし、支出段階を記録していきます。

ブラックリストはないんですね。

ブラックリストの事故情報のことだとわかりました。

日本には現下3つのブラックリスト役所があり、個人でもブラックリストのカミングアウトをすることができます。

端末や郵便、受け付けなど様々な方法でカミングアウトできます。

端末からのカミングアウトが最も速く取得できます。

取得する場合は1000円程度の手間賃が必要です。

借金からの信用情報はhttp://xn--nwq46do0r5meimd575ak19b.com/があります。

事故情報と言っても様々なものがあります。

毎月の支出が遅れた場合には、月々の支出の欄にA目当てが記載されます。

内入金した場合はP目当てです。

問題なく支出があった場合は$目当てがつき、毎月$目当てが並んでいる状況が理想的なブラックリストの階級といえます。

一旦ついた目当てはカードを破棄したとしても2通年あることになっている。

多少の遅滞であれば災禍として扱われませんが、3ヶ月近所支出が遅れてしまったり任意整理、破綻などの債務調節をした場合は「転勤」というワードがが記載されます。

転勤があるといういわゆるブラックリストに入った状態です。

こういうワードがあるだけで新規のクレジットカードやローンの取引が非常に難しくなりますので、自分のブラックリストに事故情報確認が欠けるかチェックすることは大切です。

ブラックリスト役所に問い合わせれば取得することができるので定期的にチェックしてみておくと安心できますね。