白菜を買おうと思うと切ったものを買う人は大勢います。
だからと言って、切ってしまうと切った部分からだめになり使いものにならない危険も十分に考えられますから、お店ではまるごとを買って欲しいだけの分を1枚づつはがしながら使うようにすれば、長期間美味しいままの状態で使っていくことが可能になります。
白菜の買い物に来た時どこを見たらよいのか、わからない人はよくいます。
一つは緑の色が鮮やかに出ていて白の芯のまわりは斑点が見られず真っ白のものが一番です。
ずっしりした重量感があるものがおすすめですから、一度白菜の重みを見ていいものだと納得してから買うようにしましょう。
必ず味の良い鍋が完成しますから白菜を買うときは念を入れましょう。
冬の時期になると収穫される白菜は賞味期限が長い野菜の一つです。
買う場合にはもったいないと思わずにできればまるごと手に入れましょう。
冷蔵庫に入れなくても、新聞紙で巻いてから涼しいところに置けば、しばらくは保存しておけます。
横にすると白菜がダメになるため、長く使うためには倒さないようによく考えて置いてください。

http://xn--t8jvjg6c1bwe0e8kz485a9z4all8bt8yc.xyz/