キャッシングの金利は、法律で何%までという制限があります。20%が金利の最高値というのは利息制限法に規定されていたもので、それを越えると違法扱いでした。

そのため、現在のキャッシングの金利が29.2%とか、24.5%といった数字になることもまずありません。悪徳業者は、法律を無視した金利設定をしている場合もあるので注意が必要です。法律違反のキャッシング会社が、そのことをホームージで公開することはありません。利息制限法で決められたことを守ってお金を貸すという金融会社が、あるべき姿です。銀行や、消費者金融会社からお金を借りる時には、金利は10%以下にしてあるという例が多いようです。

返済時の利息についても、金利が低くなれば、利息も少なくなります。キャッシングを賢く使いこなすには、できるだけ低金利の融資を利用することです。支払い利息が大きくなるほど、それだけ返済は大変になり、返済期間も長くなり、いつまでも返済が続いてしまいます。今後、キャッシングサービスを活用しなければならないことになったら、できる金利の低いところを探すことが大事です。
すっぽん小町 キャンペーン