それでも全員と意見合わせる必要があると、それがこちらからすると精神がエグいです。要はもっとみんな強いということで、これ以上は子供の面倒をみるみたいになってきて、そして周りもそれをよいしょしたいかのように罵倒するのです。

延々と学生気取りも嫌な思いをさせるなと思いますが、頭ごと考えを変えさせられるなと思って、でも自分のやってきたことを守るには仕方ないなし手段を得るなと思っています。正しくいたくても舞い込んできたり、自分の生活ごとヤドカリみたいになりそうで、やっぱり千差万別で、各々なんだなと思ってしまいます。楽したいだけで、別に哲学的に考えたいわけじゃないので、ただ生活したいなと思っています。謎な精神分析な感じの生活になったことがあり、精神分析学者の本を読んだこともありました。
するるのおめぐ実

人の不幸が面白いとか、不本意に学ばされたことが多いです。従業員同士で気心知れるって何なの?と心から思っています。作業じゃんて思いますし、散らばるし、関わったら失礼になりますし、またスッキリしません。